湯村温泉

開湯千二百年

館内のイメージ写真

甲府湯村温泉郷は、山梨を代表する由緒ある温泉郷です。
808(大同3)年に弘法大師が杖で大石を寄せたところから温泉が湧いた「杖の湯」伝承や、
鷲が傷を癒すために舞い下りた「鷲の湯」伝説が今に伝わり、武田信玄公のかくし湯としても知られています。
また、葛飾北斎の「勝景奇覧 甲州湯村」に描かれました。

昇仙峡

昇仙峡イメージ

御岳昇仙峡は甲府市の北部に位置する渓谷です。 国の特別名勝にも指定されており、「日本一の渓谷美」といわれています。 長い歳月をかけて削り取られた花崗岩の断崖や奇岩・奇石と清澄で豊富な水の流れをみることができ、渓谷沿いに整備された遊歩道では、四季折々で変化に富んだ渓谷美を間近で楽しめます。

湯村八蹟巡り

湯村温泉郷各地のイメージ

湯村温泉郷には数々の伝説と史跡・名所が良質の温泉とともに受け継がれています。

1塩澤寺(厄除地蔵尊)

二体のご本尊(秘仏808年建立・開扉仏1050年建立)のうち、国の重要文化財に指定されている地蔵堂に安置されている石造地蔵菩薩座像(県指定文化財)が耳を開き、善男善女の願いを聞きいれ、厄難を逃れることができると言われることから、大祭当日は、多数の参詣者で賑わいます。
福田山塩澤寺は、(大同3年)808年弘法大師(空海)が開山し、(天暦9年)955年空也上人によって開かれ、後に大覚禅師(蘭渓道隆 1250年頃)により再興されたと伝えられています。
山門の脇には、「舞鶴の松」と呼ばれる県指定天然記念物のクロマツがあり、高さはありませんが、横に枝が伸び、30mにも及びます。
地蔵堂の裏手には、岩盤が50cmほどくりぬかれており、「首浮き地蔵」がまつられています。首と体が離れていて、願いごとがかなうときは、首が軽く浮き上がるといわれています。地元の信仰をあつめています。

2開湯伝説 「杖の湯跡」

塩澤寺のとなりに、ホテル弘法湯があります。その裏手には、杖の湯跡があります。
大同3年(808年)弘法大師が東北巡行の帰りに、信州から甲州に入り、近くの厄除地蔵に泊りました。道路の真ん中に大石があり、旅人が通行に困難な状況でした。大師は呪文を唱えながら杖にて寄せたところ、温泉が湧き出しといわれています。
「杖の湯」「弘法杖」といわれ、いまにその名残があります。旅館街が出来る以前は、この杖の湯・鷲の湯・谷の湯・産甫ノ湯が銭湯という形で庶民に愛されていました。この3軒の内の何れかが葛飾北斎によって描かれています。

3八の宮跡

八の宮跡は悲劇の子良純親王住居跡 松元寺を出て、左折すると、旅館明治があります。
この場所は、江戸時代、徳川家光の治世1643年に、良純親王が流され、住居があった場所です。
良純親王(八の宮)は、御陽成(ごようせい)天皇の第8皇子です。天皇の怒りにふれて、都を追われて甲斐の国に流されました。一説には当時「湯島村」と呼ばれていた湯村は(湯ノ島とも湯志麻とも伝わっています)、「島」という字があると島流しのようであるから、この時良純親王を気遣って「島」をとって「湯村」に改名したとも言われています。この場所や興因寺(甲府市下積翠寺町)に住み、いくつかの詩歌を残したといわれています。
『鳴けばきく きけば都の 恋しさに この里過ぎよ 山ほととぎす』

4開湯伝説「鷲の湯」

旅館明治の南となりに、共同浴場「鷲(わし)の湯」があります。この名称は湯村温泉郷の次のような伝説からとったものです。町民に親しまれる公衆浴場として開放されていました。(現在は営業しておりません)
鷲の湯伝説と鬼の湯伝説 昔この辺りは、起伏した丘や沼地で、一面に萱草の生い茂った荒野でした。あるとき一羽の鷲がどこからともなく飛んできて、日に二、三度萱草の中に姿を隠し、やがてどこかへ飛び去りました。
こんなことが七日ばかりも続いて、それからのちは、鷲はさっぱり姿を見せなくなりました。人々は不思議に思って、萱草の辺りを探して見ますと、かすかに白い湯気が立ち上るところがあったので、そこを掘り返すと、熱い湯がほとばしって湧き出しました。
人々は喜んで湯小屋を建てて入浴してみますと、湯の温度もちょうどよい湯加減で、諸病に効くことがわかりました。
病気の鷲が湯気につかり、全快して来なくなったことから、人たちはそこに温泉が湧くことを教えて貰ったわけで、この鷲は山の神様の現れであろうと、一社を建てて湯権現に祀り、その山を湯村山と名付けました。湯村には今でも「鷲の湯」という名前の古いお湯があります。

5湯権現の伝説「湯谷神社」

共同浴場「鷲の湯」の南の山すそに、湯谷神社(ゆやじんじゃ)があります。
境内には、石鳥居、石の階段、庚申塔、石祠、大木などが、たくさん残っています。
次のような湯権現の伝説が残っています。
「むかし、鳥居の手前、鷲の湯の南に杉の大木がありました。毎年、大晦日の夜12時から元旦の朝6時までは、湯の神様が入浴するので、人は湯に入ってはいけないきまりでした。ところがある時、そんなばかな話はあるか、といって湯に入った男がいて、翌朝大杉にはりつけになって死んでいました。そののちは、さらに厳重にこのきまりが守られたようです。

6加牟那塚

水道みちを北西に向かっていくと、道沿いに家が建ち並ぶなか、こんもりとした加牟那塚古墳があります。
金塚、あるいは釜塚ともいわれ、高さ7mあまり、直径40mの大きさは、6世紀後半の東日本で規模の大きなものであり、県文化財に指定されています。
塩澤寺の地蔵堂の前から、南アルプスを望むとこの加牟那塚古墳が住宅地のなかから、頭を出している姿が見えます。石室は、横穴式石室で人間が歩ける大きさがあり、入口から中を見る事ができます。天井となっている数個の大きさの石には驚かされます。
加牟那はカムナと読みます。元々は高句麗(現在の朝鮮)の渡来人の書くカタカムナ(現在のカタカナ)が語源とか、また、カムナとはやはり高句麗の神の名であると聞いています。

7地蔵古墳

湯村山の西の遊歩道沿いにある2つの古墳は、それぞれ地蔵古墳、こうもり塚と呼ばれています。
湯村、羽黒、山宮、千塚地区には、たくさんの古墳があります。千塚はたくさんの古墳を意味する地名です。旧敷島町の東部から千塚、湯村を通って石和温泉の手前横根までの北部山岳地帯は日本で2番目に積み石塚古墳が多い場所です。
ここ湯村山の西側にある古墳は、6世紀頃の形態で、ぽっかり開いた入口が石室で、この奥に死者を埋葬しました。今では桜が植樹され3月下旬から4月初旬に満開の桜の花が楽しめます。

8万寿森古墳

湯村温泉郷の旅館から、4車線の北バイパス沿いにある甲府信用金庫湯村支店の角を湯村山方面へ北に入ります。湯川を渡り、湯村山に登る手前を右折すると、駐車場の真ん中にこんもりとした、万寿森古墳があります。
6世紀前半、甲斐国最大の古墳といわれています。遠くから見ると、まんじゅうのような形をしており、その名が付いたともいわれています。古墳時代後期の横穴式石室を持つ、円墳です。
江戸時代には、火薬庫として使われており、煙硝蔵(えんしょうぐら)ともいわれていました。墳丘は、現在松林となっています。